ガスレンジフードの製作

2012/6/8~27

~ガスレンジのフードの製作~

壁の換気扇部分~ガスレンジの上まで、フードを曲げながら持ってきます。

フードを直線と曲げ部分の2種類に分けて、パーツを作ります。

これを繋げるとガスレンジの上に来るはず(;^ω^)

Camera 360

 

まずは、曲げ部分のパーツを作っています。

骨組みを組んだ後、メラミンでカーブを描くように接着しています。

 

Camera 360

最初は距離と曲がり具合を測って、簡単な図面を引いていくところからなのですが・・・

設計の段階では、まだまだ不安ばかり・・・何度も確認したくなる!

ある程度パーツが出来上がってきました~ここまで来ると、ひと段落~うれしい!

 

Camera 360

さー!いよいよ壁から「にょきにょき!」っと出てきましたよ~

2個のパーツを取り付けたところです6月10日

さっきのパーツをホワイトに塗装(ホームセンターで200円のスプレー缶使用)

何度も吹き付けないと白くならないので、1回目は刷毛塗りの方が効率がいいです。

最後まで刷毛塗りだと刷毛の跡も残るので、2回目からはスプレーを使いましょう!

 

Camera 360

3個目の長い直線を取り付けました。6月16日

ここまで来ると重さで下がってしまうので、天井から吊り下げの金具が必要になります。

吊り下げ金具の天井位置など計測に苦労したな~(;’∀’)

 

Camera 360

ここは、後でメンテナンスの事を考え、開口部として設けた部分・・・

後から蓋をする予定です

 

Camera 360

4・5個目、ここから下に下がって行きます。

白く垂れ下がった紐のようなものが見えますでしょうか?

これは、換気扇のスイッチを、手元に持ってくるための、配線コードです。

 

Camera 360

6・7個目、6月17日斜めに下げると同時に、フードを窄めて細くしました。

見た目も大事だけど、入口を狭くすると同じ吸引力でもより強くなります。

(口の形をチューにして試してみて)※見られてないか・・・ご注意を!

 

Camera 360

ちゃんと位置が合ってるのか・・・恐る恐る確認出来るところまで来たかな・・・でも怖い~

「お願いします」

 

Camera 360

6月27日ガスの上で煙を吸う部分・・・いよいよ最終パーツの製作です。

 

Share