ガスレンジフードの製作#3

2012/6/29~30

~ガスレンジフードの製作の続きⅢ~

Camera 360

吊り下げ金具をジブリ風に(自分で勝手に言ってるだけですが…)アレンジする為

ナットにアームの取付け穴を明けてタップを立てます(この漢字であってるのかな??)

 

Camera 360

関節部分の製作。糸鋸で線に合わせてカットしてるとこ・・・

 

Camera 360

アームの部分も糸鋸でカット・・・無垢材は自然の物なので普通に虫食いなどの部分があります。

綺麗な部分で作るためには、見えない木の中で、どこまで虫食いが進行してるか

考えながら・・・パーツを切り出していきます。

 

Camera 360

ナットの穴に合うように回して距離を調整・・・関節部分を取り付ける!

 

Camera 360

アーム部分を取り付け

 

Camera 360

バネも付けて、動きそう!

・・・べつにここの部分は動かす所じゃ無いんだけどね・・・(;^ω^)

まっ!完成ってことで

 

Camera 360

さ~!あと少しだ!!

最後のフードを取り付けて、スイッチの配線を出します。

メンテナンスを考えて、ギボシで繋げる

 

Camera 360

中はこんな感じ・・・

内側の斜めから出てる沢山の足は蓋を取り付ける部分です。

蓋がないとフードに溜まった油が垂れてしまいます。

他にも理由があるのかな・・・どなたか教えて~?

 

Camera 360

スイッチパネルの内側の配線部分(配線部分はハンダ付け)

斜めに着くので、斜めの箱型にしてます。

 

 

Camera 360

スイッチと蓋を取り付けて・・・やったー完成です(*^^*)

たばこの煙で機能の確認とご満悦タイム・・・・・・・・・・・・・・(^0_0^)

基本的に骨組みは木なので、中華などの強力なコンロでは使えません!

もちろんフードの内側もメンテナンスを考えて塗装するべし!

「って言うか、木じゃダメでしょ!」って言われるよね!

Share